ふだん着物専用裾よけプロジェクト

ありそうでなかった…ふだん着物専用裾よけプロジェクトが発動!2020.11.16

こんにちは。

今回は、ちょっと珍しく便利アイテムのご紹介です。


着物ブラ機能と、衿が一つになってるめっちゃかわいいランジェリー。

gekkabizinさんの「くノ一ランジェリー」シリーズ。

それはそれはレースが可愛くて💕


若かったら、長襦袢着ないで「くノ一ランジェリー」を着て…簡単に着物が着られる!と思いました。

レースのかわいい、くノ一ランジェリーが発売される時、一度お話をもらってたのです。

でも、私には、痒くて着れない💦


縫い目も敏感になってしまった、お年頃。

着たくても着れなくなった下着が、こんなに増えるとは!

40代になる少し前から、肌はどんどん敏感になり、肌に合わない下着は着なくなりました。

お話を頂いた時、この事をお伝えしたのです。


女性の肌は年齢が重なると敏感になるので、肌に優しく特に横の縫い目が、無いか、表に出てるか!

そんな機能性のある物が、着物の業界で出たらいいなぁと。

脇が痒くなりやすいのに、脇の縫い目が直撃って…ほんと困るんですよね。


そんなお話をさせて頂いたんです。

そしたら、なんと!

その声に応えてくれた商品が出来たって連絡が来たの!


すごーい!

どんだけ良い会社なのー!

正直、すごく嬉しかったのです。


大抵の会社は男性が社長なので、脇の縫い目無くしてほしいって言っても、ふぅーーーん🙄と、返事も上の空💔

裾よけの筒型タイプを作ってって言っても、作ってくれやしない。

なので、自作してるんだけどね。


今回のgekkabizinさんから出た「くノ一ランジェリーのショルダーレース」は、膝まであるので、裾よけ効果もあります。

衿も安定。ブラ機能もある。袖も付けれる。丈も膝まで。

この子着て、ステテコ履いたら、もう着物着れるやん。


なんて、便利なんだぁ〜!

と思いましたよ💕


肌に当たる部分のアンダーバストのゴムは、ふわふわのゴム感覚の少ない不思議なゴム。

身体を包むシャーリング素材のワンピースは、薄くてしなやかで、ほんとに気持ちいいです。

そして、脇の縫い目を外に出してるので、縫い目が痒い方にオススメできます。


この子は、夏にもいいね!

透けない浴衣だったら、これだけでいいねぇ。

銭湯のときも便利。


なにより、初心者の方には、ほんとに心強いと思いますよ。

長襦袢に慣れないとか、あと体重の不安定な方も。

目標体重まで落とす予定で、その間が困ってる方も居ると思う。

ちなみに、胸も優しくおさえるので、胸のラインがきれいになりましたよ。


選択肢は多い方がいい!

普段着の着物は、選択肢がなさすぎなの。

こうやって、開発や販売してくれる会社が、この時代にある事を嬉しく思います。


着物を身近に。

そして、簡単に着れる事で、誰でも着たいときに着れる衣服になってほしい。

そんな着物愛に満ちた、いい商品だと思います。


そして、変え衿も販売されてます。

なんと、手ぬぐい素材の変え衿まで。

コンシールファスナーでの簡単な付替えなので、針仕事をしたくない方にもオススメです。


一枚でも少なく簡単に着物を着れたら良いのに。

そんな気持ちがこもった商品になってます。

何枚も着るのが面倒な方にも良いと思います。


さて、こちらのgekkabizin(月下美人)さんの新商品、くノ一ランジェリー【ショルダーレース】は、衿が付いてるので長襦袢要らずなのですが…

私は長襦袢が、好きなんですよねぇ。

私が愛用するかと聞かれれば、残念ながらしないのです。

なぜなら、長襦袢が好きだから(笑)


そんな私がこちらの商品を紹介したのには、訳がありまして。

こちらの商品に使われているリブ編みの生地が非常に気持ちよく、薄くて丁度いいのです。

何に丁度良いかと言いますと、裾よけです!


自作の裾よけを作って使ってるのですが、まず、肩がキャミソール型ではなく、タンクトップ型が理想。

そして、ほんとは薄いリブ編みの筒型を探していました。


リブ編みだと、余計なフレアーがスカートになくても、伸びます。

と言うことは、「裾さばきが快適になる」と言うことになります。


掛け合わせの裾よけは、冬の着物あるあるの、巻き込み事故が勃発するんですよね。

冬はレギンスも履くし、長襦袢も夏ほど裾さばきは良くない。

モスの長襦袢や、木綿の長襦袢を着てると、正絹の長襦袢よりあたたかいけど、裾さばきは悪くなります。

さらに、正絹でも静電気問題で裾の巻き込み事故が多発しますよねぇ。


なので、裾よけは筒型が理にかなってると思うんだけど、これがしっかりくるぶし近くまである物が売ってない💦

今回の「くノ一ランジェリー」も膝丈。

「ひーとふぃっと」も膝丈。

ひーとふぃっとより伸びが良いので、上がってくることはないと思いますが、足首近くまであれば完璧なのになぁと。


そこで、gekkabizinさんに、タンクトップ型の筒型裾よけをリブ編みの素材を使って作ってもらえないかな?とお願いしたのです。

答えは。。。ぜひに〜🥰💕

作ってくれることになったの🎶

やったぁ〜〜〜👏👏👏👏👏👏


「着物を着るときに何か足りない」「こんなのあったら良いな」を開発していきたいんだと、おっしゃってました。

さすが、女性社長さんだわぁ〜😍💕

しかも、若い!そして、かわいいんだよ😆💕


こちらの商品から、さらに長襦袢派の方のために、巻き込み事故防止の軽くて伸びの良いタンクトップ型裾よけを、ただいま開発中💕

ものすごく出来上がりを楽しみにしてます!

楽しみすぎる!


長襦袢が苦手で、ササッと着物を着たい方は、くノ一ランジェリーを💕

衣紋抜きを心配しなくても、安定しますよ。


そして、長襦袢派の方は、待望の実用性バツグン裾よけを開発中💕

以上、gekkabizinさんから、新商品のご紹介と、開発中商品のご紹介でした🥰💕

ありそうでなかった…ふだん着物専用裾よけプロジェクトが発動!