きものきぶんは、習い事の日にぴったりねー!

こんにちは。

今日は、寒い雨が降ってますねぇ。

ほんと寒い!マフラー出さなきゃね!

で、金曜日なので少林寺に行く日なのです。


なので、早速着ました!

きものきぶん(仮)←名前早く決めて〜もたはんさん!


中は、トスコはんの色じゅばんに、かぼちゃ柄の手ぬぐい半衿。

やっと出したよ。かぼちゃ柄。

寒くなると、かぼちゃが食べたくなりますもんねぇ。


ハロウィンにはめっぽう塩対応絵(笑)

この季節、かぼちゃを食べるようにすると、風邪が引きにくいと言われてますよねぇ。


帯は、リサイクルの半幅帯で、多分、紬の生地を帯にしたのだと思います。

こちらは、細くて13センチほどです。


足袋はハイムラヤさんの柄足袋。

かぼちゃにあわせて、黄色。


そして、かんざしは、紺色のとんぼ玉で帯の縞柄の紺色にあわせました。

今日は、黄色と紺色のコーデですわ。


きものきぶんは身八つ口が開いてないので、夏の長襦袢でも腕が暖かいですねぇ。

フリもあって閉じてあるからなのか、蒸れたりないし、隠れたタックが着心地の良さをプラスさせてくれます。

腰紐もないから、肌を休めたい時もいいねぇ〜🎶

きものきぶん(仮)は、習い事の日にぴったりねー!


💌お知らせ💌2019年11月

女性物の着物を男性物の着物に、アンティーク着物を羽織にお仕立て直し2019.11.17

これから先、自分の持っている着物をお直しを考えられている方のお役に立てればと思い、お仕立て屋さんとのやり取りの会話をだだ漏れさせております。

どうしても残しておきたい着物があったら、少し手間はかかりますが、お直しという方法でまた着たり身につけたりすることができますよ。

▶ お世話になっているお仕立て屋さん→藤工房さんのHP


コメント


認証コード8683

コメントは管理者の承認後に表示されます。